« February 2006 | Main | July 2006 »

もう6月なんですね

2月に母が5月に父が亡くなり、更新をさぼりまくってます。

というか、TVドラマを居眠りしながら見てる!?ので、よく覚えてないんですね~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドラマと音楽 その28 耳について離れない(2006.3.31. めるドラ初出)

1月期のドラマも全て終わり、もう新年度スタートという感じで4月期を迎えてしま
うんですね~早いもんです。
実は身内の不幸があって、1月期の殆どの作品を穴だらけで把握する状況になってし
まい、前回のコラムもお休みさせて頂きました。(ごめんね、事務局の中島さん)
ドラマタイムが居眠りタイムになってしまい、やっぱり覚えているのは主題歌や挿入
歌ばかりという状況に、笑ってしまうしかありません。

なかでも耳について離れなかったのが、『小早川伸木の恋』の挿入歌である、ジェイ
ムス・ブラントの「you're beautiful」です。もっともこれって、2005年のイギ
リス最大のヒットアルバムからカッティングされたセカンドシングル、全英NO.1
ということでドラマの為に作られた歌ではありません。
ジェイムス・ブラントは元NATOの和平部隊軍人として、コソボでの勤務を経験したと
いう異色のキャリアを持つアーティスト。イギリスの吟遊詩人と呼ばれています。元
軍人とのびやかな声がなかなか一致しないですが、やはり耳に残る歌は強い。
しかし、これだけ「ユア・ビューティフル」と連呼されると、ドラマの作田カナ(紺
野まひる)を思う小早川伸木(唐沢寿明)の顔のクローズアップと結びついてしまい、
それ以外には合わないんじゃないかとさえ思えてきます。
あの伸木の奥さんの妙子(片瀬那奈)じゃ、本当に息苦しくって離婚したくなるよな
~と思って見てました。嫉妬する顔は般若の顔になってしまうもんね。
主題歌であるナナムジカの「くるりくるり」は、そのフレーズがやはり耳に残るとい
う点で印象的。ヴォーカル・作詞の西島 梢とピアノ・作曲の松藤由里の女性二人組。
4月からは『特命!刑事どん亀』の主題歌「僕達の舞台」を担当。

4月期の注目曲は、『アテンションプリーズ』の木村カエラ「OH PRETTY 
WOMAN」でしょうか。ロイ・オービソンの名曲というより、映画「プリティーウ
ーマン」の主題歌と言った方が分かり易いですね。
中森明菜やhitomiの歌声も久々に聞けそうですし、何となく春って感じですか。

でも、何よりも驚いたのは宮藤官九郎氏が昼ドラを書く!ってことでした。
やっぱりTBS、磯山プロデューサーとのコンビとくれば、昼ドラ面白そう!
『我が輩は主婦である』って、タイトルからして何かやらかしてくれそう。
5月下旬からというのが待ち遠しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | July 2006 »