« November 2005 | Main | January 2006 »

ドラマと音楽 その26 所謂ひとつのカタルシスを得る (2005.12.16 めるドラ110初出)

たとえば、ドラマには2種類ある。
結末の解らないドラマと、結末の解っているドラマ。
大抵の連ドラや単発ドラマは結末が最初から解っていることは稀です。だが、実在
の人物をモデルにしたドラマの場合、結末を実際と全く変えてしまうことはないで
しょう。歴史上の人物であれば、なおさら。九郎判官義経ともなれば、もはや伝説
でもあり…。解りきっているのに何故見るのか、それは登場人物の感情の追体験を
するということに意味があるのでしょう。何物かを昇華・浄化させるということ。
義経』の音楽には、印象的なオーケストラのフレーズがあります。ジャン!と響
くその音は、場面転換・心の動き・クライマックス、様々に振り向かせる音でした。
それが、「安宅の関」の回の時は更に印象的で、鈴の音がオーケストラに取って代
わり、最後までリンと響いておりました。能楽かと思いきや、能の楽器には鈴は見
当たらず、どうやら神楽で使われる神楽鈴のようです。そういえば、藤原秀衡の倒
れる場面で演じられていたのは、神楽のようでした。
義経』の音楽担当は岩代太郎さんですが、ドラマ終了後の「大河紀行」では4人
のソリストが3ヶ月交代で演奏しており、そのひとりがピアノの松下奈緒さん(女
優「恋に落ちたら」等)でした。

歴史上の人物ではなくとも、実在した普通の人の人生の結末は、ドラマがそうそう
変えられもしません。『1リットルの涙』は木藤亜矢さんの実話を、池内亜矢名義
に変えて脚色してますが、さすがに涙なくしては見られないドラマになっています。
そして、その主題歌ソウル出身のの歌う「Only Human」は、ドラマの
内容にピタリと寄り添っています。“今は前へ進め”という言葉の力の大きさに、
いつもドラマの最後の余韻をせつなく思っています。
もちろん、レミオロメンの「粉雪」も素敵なんですが。

義経より遙かに現代で、普通の人より有名な女性達のドラマがありました。
瀬戸内寂聴 出家とは生きながら死ぬこと
越路吹雪 愛の生涯~この命燃えつきるまで私は歌う
杉村春子 悪女の一生~芝居と結婚した女優・杉村春子の生涯
普通の人では味わえない、濃密な人生を生きることは、感情とか精神の振り幅が大
きく揺れていて、それこそドラマチック。一歩踏み出す勇気と才能と。
この女達は言ってみれば、あざとい。それは野心的とも言えるもので、しかし、こ
の現代において野心的でない女性は魅力的とは言わないかも。身体の芯からの生命
力とでもいうべき野心は、男だけで満たされるものではない女の生き方を、魅せて
くれました。三作とも力作で素敵でしたが、私は瀬戸内寂聴さんを演じた宮沢りえ
さんの回が一番好きだったかも。阿部寛さんの今年の演技は広がりがありました。
主題歌はシリーズを通して、中島みゆきさんの「命のリレー」。2004年1月の
夜会で披露された楽曲だそうです。

天海祐希さん演ずる越路吹雪さんの歌を聴きながら、思い出したことがあります。
学生時代に友人と入った居酒屋のTVで、亡くなったばかりの越路さんの追悼番組
を流していました。たまたま、同じ大学の男子学生が二人ほど客で、他には客らし
い客もおらず、二人組は流れてくる歌を一緒に歌っていました。友人は二人と知り
合いで「ほら、仮面ライダーでデビューした村上君だよ」と、もう一人と村上君を
紹介してくれたのだけれど、私は自分の失恋で頭が一杯で、二人組は「サントワマ
ミー
」だったか、歌ってくれたようでした。みんな、酔っぱらってたけど。
村上君は、東北大医学部を目指して何浪もした挙げ句に東京で私立の法学部に入っ
たので、思うところあったのでしょう。その頃は、普通の大学生よりはちょっと年
上で格好いい程度の人でした。学部も違うし、それきり顔を合わせる機会はありま
せんでしたが。今では、その村上君も渋い二枚目の大きな役者になりました。
彼の名は村上弘明。
テレビ東京のお正月ドラマ『天下騒乱』では実伝である荒木又右衛門を演じます。
見事な敵討ちと死に際を見せて欲しいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今月の夜ドラ/貴重な一点物って何でしょう?  WOWOWのドラマから (2005.11.18 めるドラ110初出)

ドラマの再編が進み、NHKのよるドラは『どんまい』で最後なのだとか。
そして土曜ドラマの復活。月曜日にあったドラマ枠が、氷川きよしの番組が好調なせ
いか不定期な感じなので、連ドラとしては競合しない土曜22時に持ってきたのかな?
よるドラは軽妙な感じのドラマが多かったですが、土曜ドラマは井上靖原作の『氷壁
だそうで重厚な感じでしょうか。何か新しさを期待したいものです。

さて、WOWOWにはdrama W というドラマ枠があるのですが、約2時間の
せいか、はたまた原作がしっかりしているせいか、とても映画的な作品が多いです。
最新作はハードボイルド『アルバイト探偵(アイ) 百万人の標的』。
監督は映画『血と骨』『クイール』の崔洋一、原作は【新宿鮫】で有名な大沢在昌の
【帰ってきたアルバイト探偵(アイ)】とくれば、ド派手なアクションを期待してし
まいます。実際、展開が速い速い! このスピード感で、中身をギュッと詰め込んで
るので、ちょっと目を離すと解らなくなる。

‘貴重な一点物’とは小型核爆弾のこと。
六本木の再開発工事現場から、国際的武器商人のモーリスの白骨死体が見つかる。
彼が東京に持ち込んだ筈の小型核爆弾を捜し、死体の見つかったビルのクラブの社長
で暴力組織を束ねる梅本(國村隼)、国際テロ組織「6月の獅子」や「聖人(セイン
ト)」のリーダーのニコル、中国国家安全部のフェイレイという謎の美女(演ずる
シャオの足の長さは半端じゃない!)などが暗躍。
で、主人公が高校生探偵の冴木リュウ(石田卓也)なんですが、どちらかというと親
父の不良中年探偵の冴木涼介(推名桔平)の方がメインかな。二人は実の親子ではな
いのだが、知らずに育ったリュウの心中は穏やかではない。
この冴木涼介は以前、内閣調査室つまりスパイの仕事をしていて、今でも室長の島津
(松重豊)と繋がっており、島津から小型核爆弾を捜すよう依頼を受けたのが元で、
様々な組織との追い駆けっこが始まるのだ。
そして、梅本の元にいるロシア人とフランス人のハーフのモニーク(土屋アンナ)も
絡み、リュウとモニークのちょっと恋愛な味付けもされている。
リュウとモニークが、ブッシュ大統領のゴム面を被ったテロリスト軍団(何だか笑え
る)に襲われたり、高架橋の上からのリュウの仮面ライダーばりのジャンプとか、有
り得ないシーンの連続にドキドキハラハラしてたはずが……。

私、不覚にも居眠りしてしまいました。
気付けば、推名桔平と石田卓也の親子が高層ビルの屋上で朝日だか夕日だかを眺めて
いるじゃありませんか。東京では核爆弾は炸裂しなかった様子で、すっかり大団円、
トホホでございます。
前回の『アウトリミット』(戸梶圭太原作・下山天監督・岸谷五朗主演)も再放送で
見たので、今回も再放送を要チェックせねば。
ちなみに、dramaWの大林宣彦監督・宮部みゆき原作『理由』は、何と日テレで
も放送されてました。もっとも、映画館での上映もされてたのですが。
更に、来年1月のdramaWは、角田光代の直木賞受賞作『対岸の彼女』を夏川結
衣と財前直見でキャスティング。話題作と言っていいでしょう。
三谷幸喜が大河ドラマに足利義昭の役で出演するのと同じ位、見逃せませんね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »