« ドラマと音楽 その25 秋色レクイエム(2005.10.21 めるドラ110初出)  | Main | 今月の夜ドラ/貴重な一点物って何でしょう?  WOWOWのドラマから (2005.11.18 めるドラ110初出) »

春の雪

もう、かなり経ってしまったけど、映画『春の雪』を観てきました。

時間のやり繰りの中で、最初の20分位を見逃してるんで、観たことにならないかもしれないけど。

冒頭の20分って、結構力入ってるもんですよね。それを見逃してるんだから。

一応、待ち合わせた友人に後で話を確認したんですけども。

そもそも、三島由紀夫の原作は高校生か大学生の頃に読んでました。

『春の雪』は、『豊饒の海(四部作)』という三島文学の集大成ともいうべき作品で、そして最後の作品の中の一作目であり、輪廻転生の話で繋がれる長い話なのだけれど、まさか全部を映画化するわけにもいかないし、一番映像化しやすかったのではないでしょうか。

というか、四部作の中でも一番優雅で瀟洒な大正初期の貴族社会を描くのは、美術的にも楽しみな作品だったというか。

撮影にわざわざ李屏賓を呼び寄せているが、期待にたがわず上質の絵画のようなシーンに納得。

朱塗りの回廊、雪の侯爵邸、春の庭、棺から彷徨い出る蝶。

私的には大楠道代の綾倉家の側女と、岸田今日子の松枝家の祖母が出色。

主題歌である宇多田ヒカルの「Be My Last」は、単独で聞くと間延びして聞こえるんだけど、映画を組み合わさるとユッタリ感が合ってます。

|

« ドラマと音楽 その25 秋色レクイエム(2005.10.21 めるドラ110初出)  | Main | 今月の夜ドラ/貴重な一点物って何でしょう?  WOWOWのドラマから (2005.11.18 めるドラ110初出) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95587/7273426

Listed below are links to weblogs that reference 春の雪:

» 邦画「春の雪」にタイの若手俳優が出演 [白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary]
以前からこのブログに書いてきましたが、今週土曜日公開のこの映画に、タイの若手人気俳優が二人出演しています。ひと足お先に試写を見てきました。付き合いもあって、2回も。 春の雪公式サイト (ブログの制作日誌には2人の話も、ちょっと書いてあります。)  ひとりは、アヌチット・サパンポン(「風の前奏曲」・「メコンフルムーンパーティー」  もうひとりは、スイニット・パンジャマワット(「快盗ブラックタイガ�... [Read More]

Tracked on November 23, 2005 at 08:26 AM

« ドラマと音楽 その25 秋色レクイエム(2005.10.21 めるドラ110初出)  | Main | 今月の夜ドラ/貴重な一点物って何でしょう?  WOWOWのドラマから (2005.11.18 めるドラ110初出) »