« August 2005 | Main | October 2005 »

ドラマと音楽 その24 おとなのドラマって(頑張れ、よるドラ) (2005.9.16 めるドラ110初出)

とうとう最低視聴率維持のまま、『おとなの夏休み』が終わってしまいました。
同じ日テレの『女王の教室』はバツグンの視聴率なのにね。まあ、実際面白いし。
これって、謎が持続してるからなんだろうな。先が読めそうで読めないところ。
でも、『おとなの夏休み』と言うだけあって、週替わりの主題歌は懐かしかった
(公式HP http://www.ntv.co.jp/otonatsu/
 れんドラ110 http://www.rendora110.tv/program/nihon/otonatsu/index.html
 を見て確認してネ)
と思うのは、やっぱり自分がおとな?になったってことですかね~。
いくらヒット曲を使ったからといって、現在とリンクしてない歌は弱いのかも。

ところで、よるドラは最近F2狙いが顕著です。『ダイヤモンドの恋』などはズバリ
更年期障害を扱っています。主人公もトレンディドラマで名を馳せた、かの浅野温子
ではありませんか。独特のセリフ回しも全開。
私は病気でホルモン療法をしているので、人為的に更年期障害なのですが、ああいう
症状ではありません。個人差がありますよね。でも、主人公には何となく肩入れして
しまうなぁ。もっとも浅野さん、更年期の割には力入ってるんだけど。

このよるドラの枠は以前は【ドラマDモード】と呼ばれていて、どちらかと言えば若
者向きでした。結構、佳品が多かったように思います。
ドラマDモード           主題歌
FLY 航空学園グラフィティ』→「大きな翼」矢野真紀
喪服のランデヴー』      → 音楽 東儀秀樹
深く潜れ~八犬伝2001』    →「PUZZLE…by the irony  of fate…」tohko
もう一度キス』→「ラヴ・アフェアー~愛のテーマ~」スティーブ・バラカット
はっぴぃ・ウェディング』   →「CUBANISMO!」Force of Natures
(上記は2回で単発に近く、劇中は結婚式向きの曲が次々に流れる)
陰陽師』            →「記憶の空へ」canna
グッド★コンビネーション』  →「それとなく」サイクルズ
ルージュ』           →「Get your groove」福原裕美子
トトの世界』          →「アメージングレイス」SILVA
光の帝国』           → 音楽 山下康介
君を見上げて』        →「君に会いたい」松本英子

そして、初期のよるドラは、Dモードより女性層を意識してました。
主題歌の使い回しが、ドラマファンに物議を醸しだしました。
よるドラ              主題歌
真夜中は別の顔』       →「微笑みのひと」今井美樹
恋セヨ乙女』           →同
ロッカーのハナコさん』    →同
お見合い放浪記』        →同
精霊流し』             →同
かるたクイーン』        →同
赤ちゃんをさがせ』      →同
女将になります』      →「元気を出して」島谷ひとみ
女神の恋』            →同
ブルーもしくはブルー ~もう一人の私~』→同
ニコニコ日記』         →同
帰ってきたロッカーのハナコさん』→同
百年の恋』           →同
ちょっと待って、神様』    →同
ドリーム~90日で1億円~』 →同
もっと恋セヨ乙女』       →同
火消し屋小町』         →同
トキオ 父への伝言』     →「大好きだよ。」大塚愛
結婚のカタチ』         →同
アイ’ムホーム』         →同

2005年の1月からは“大人の女”を更に意識した内容になってきて、主題歌は
今までの使い回しを止めてしまいました。
ルームシェアの女』       →「小夜啼鳥」masumi
愛と友情のブギウギ』     →「アカペラ」ハウンドドッグ
※劇中歌 http://www.nhk.or.jp/drama/archives/boogie/html_boogie_music.html
笑う三人姉妹』          →「おまじない」mink
七色のおばんざい』       →「スッピンと涙。」後藤真希
ダイヤモンドの恋』       →「しあわせ」川江美奈子
理想の生活』          →10月10日スタート予定

さて、今後はどうなりますか。
民放とは違うドラマをNHKには期待してしまいますよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »