« June 2005 | Main | August 2005 »

ドラマと音楽 その21 波の下の男たち (2005.7.22 めるドラ110初出)

十年位前のこと、スキューバダイビングのライセンスを取りに、伊豆の大島まで行
ったのですが、プールで挫折。海辺の露天風呂を満喫して帰ってきました。
素潜りやシュノーケリングの練習は何とか不器用ながらも出来たんですが、あのレ
ギュレーターを口にくわえるのがシンドかったのです。

海猿』ではレギュレーター外し有りバディと取りかえっこも有りで、思わず海の
中での息苦しさを感じてしまいました。急速な減圧(浮上)は耳や鼻から血が出た
りするんだもん、怖いです。それが透明度の低い東京湾なら、なおさら。
しかし、この迫真の映像・俳優達の力の入った(海の中は真剣でなければヤバイ)
演技はやはり特筆に値すると思います。カメラマンも力業だし、スウェットスーツ
って着るだけでも本当に消耗します。海上保安庁の仕事って潜水士だけではありま
せんが、これもお仕事ドラマのひとつかも。ドラマの後に新しい映画も公開されま
すし、それを意識したドラマですよね。

実は『海猿』の最初のドラマ化はNHKのBSハイビジョンで国文太一・永作博美
主演で2002年に制作され、翌03年にも『海猿2』が放送されています。
こちらの方は、主人公仙崎大輔の年上の恋人になる新聞記者の美晴が登場。
共同製作が大映テレビで演出が星田良子さんだったので、今回とは趣が違います。
NHKのはそれはそれで良かったと記憶してますが、CXのドラマは『救命病棟2
4時』の福田靖さんの脚本なので、緊迫感がすごく伝わります。
原作の漫画は私は未見なので、その差というのは判りませんが。

主題歌はB'zの「OCEAN」ですが、それよりも佐藤直紀さんの音楽が迫力ですね。
【佐藤さんの主な担当作品】
★映画
海猿』『ローレライ』『恋愛小説』『逆境ナイン』『ALWAYS 三丁目の夕日
★ドラマ
GOOD LUCK !!』『』『ウォーターボーイズ』『マンハッタン ラブストーリー
ファイヤーボーイズ~め組の大吾~』『オレンジデイズ』『H2 ~君といた日々』『海猿
その他多数のドラマやアニメやCM曲があるので、耳にされた方も多いはず。
所属事務所は株式会社フェイス音楽出版で、多くのアーティストがいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドラマと音楽 その20 土曜日の模索 (2005.7.1  めるドラ110初出)

ありゃりゃ~幼き瑠璃と幌は恋人同士だったのね。
2002年4月期の『ウェディングプランナー』というドラマの再放送が最近あり
まして、成海璃子ちゃんと神木隆之介くんが手をつないで駆けだしてゆくじゃあり
ませんか! うーん、主役になる子はやっぱりオーラが違うんでしょうなぁ。

瑠璃の島』って『ごくせん』の次だった訳ですが、視聴率的には寂しかったもの
の、キャストは本当に渋い演技派の重鎮が多く、若い主役の璃子ちゃんを盛り立て
て、ついついホロリとさせられる感動のドラマを魅せてもらいました。
結構、お母さん方でハマってる人多かったみたいですよ。
緒形拳さんと竹野内豊さんは『人間の証明』でも共演してますので演技に違和感が
無く、更に倍賞美津子さんとの夫婦像は堅固な感じで、この夫婦になら子供を預け
ても絶対安心だと思わせます。
また、私的には平泉成・塩見三省・岸辺一徳のおじさん達三氏が大好きでして、色
んなドラマでよくお目にかかりますが、どのドラマの中でも生きてる感じがします。
尚かつ、小日向文世・勝村政信のお二人も元気いっぱい演技いっぱい。これに西田
尚美嬢が璃子ちゃんの母親役とくれば、この親子の葛藤が真に迫ってくる。
鹿児島出身の小西真奈美さんはエリートモデルから出発した人だけど(偶然、グラ
ンプリ受賞のドキュメンタリーを97年に見てました)、女優として成長著しい。
ニコニコ日記』で見知った、いっちゃん役の永井杏ちゃんも、すごく達者。
これだけの役者陣を鳩間島にロケに連れ出すなんざ、日テレもやるじゃん、という
感じですが、与那国島でロケした『Dr.コトー診療所』と比べると視聴率的に何が
足りなかったんでしょうか。主人公が小学六年生の子供だったのがネックだったの
かなぁ? 竹野内豊が主役という訳ではないのと、多才な役者達が演技し過ぎたん
でしょうか? もちろん、成海璃子ちゃん、体当たりで頑張ったんですが。
あの、青い空と海と島の緑が最高に目に染みました。

とは言いつつ、日テレの土曜日は10代の少年少女が活躍するものが多かったので、
瑠璃の島』は決して路線から外れていないと思います。
さて、いわゆる土9と呼ばれた日テレのこの枠は、『家なき子』『家なき子2』以
前と以降では路線が変わりました。所謂、少年物と言われた枠組。以前は『ポケベ
ルが鳴らなくて』・『結婚しないかも症候群』・『外科医有森冴子』とか大人のド
ラマが多かったです。ただし、近年ジャニーズ路線からの転換が見られ、お笑い系
あり、『すいか』のような心に残るドラマも生まれました。今後、どうなるんでし
ょうねぇ。

1994『家なき子』         →「空と君のあいだに」中島みゆき
    『遠山金志郎美容室』   →「真夏の恋」小田和正
    『俺はO型牡羊座』     →「LOVE SONG」玉置 浩二
1995『ステイション』          →「言えなかった言葉を君に」J-WALK
    『家なき子2』          →「旅人のうた」中島みゆき
    『金田一少年の事件簿』  →「ひとりじゃない」堂本剛
      『ザ・シェフ』            →「CHASE THE CHANCE」安室奈美恵
1996『銀狼怪奇ファイル』    →「ミッドナイト・シャッフル」近藤真彦
    『透明人間』          →「愛の言霊」サザン・オールスターズ
    『金田一少年の事件簿』 →「Kissからはじまるミステリー」Kinki Kids
    『聖龍伝説』          →「OUT OF FIELDS」POSTMEN
1997『サイコメトラーEIJI』     →「ふられて元気」TOKIO
    『FIVE』               →「エスケイプ」Moon Child
    『D×D』             →「ETERNAL FLAME」Tomoya with 3T
    『ぼくらの勇気 未満都市』→「愛されるより愛したい」Kinki Kids
1998『三姉妹探偵団』      →「TEENAGER」井上陽水
    『LOVE & PEACE』     →「LOVE & PEACE」TOKIO
    『ハルモニアこの愛の涯て』→「愛と沈黙」少年隊 
    『P.A』               →「Perfume of love」globe
1999『君といた未来のために』 →「やめないでPURE」Kinkikids
    『蘇える金狼』         →「SLEEP MY DEAR」今井 美樹
    『新・俺達の旅Ver.1999』 →「太陽のあたる場所」V6
    『サイコメトラーEIJI2』    →「愛の嵐」TOKIO
2000『バーチャルガール』    →「sure」Every Little Thing
    『伝説の教師』       →「青春」THE HIGH-LOWS
    『フードファイト』        →「らいおんハート」SMAP
    『新宿暴走救急隊』        →「Treasure」hiro
2001『向井荒太の動物日記 愛犬ロシナンテの災難
                                        →「ボクの背中には羽がある」KinkiKids
    『明日があるさ』       →「明日があるさ」Re:Japan
    『金田一少年の事件簿』    →「時代」嵐
    『歓迎!ダンジキ御一行様』→「 Buzzstyle」矢井田瞳
2002『ナースマン』         →「花唄」TOKIO
    『ゴールデンボウル』   →「YOU ARE MY DESTINY」ポール・アンカ
    『探偵家族』         →「Endless」小柳ゆき
    『リモート』            →「solitude~真実のサヨナラ~」KinKi Kids
2003『よい子の味方~新米保育士物語』→「とまどいながら」嵐
    『ぼくの魔法使い』     →「アイ・ラブ・ユー」BREATH
    『すいか』            →「桃ノ花ビラ」大塚 愛
    『あした天気になあれ』  →「Wanna be your girlfriend」樋井明日香
2004『彼女が死んじゃった』 →「トランジスタGガール」TOKIO
    『仔犬のワルツ』      →「だって生きてかなくちゃ」安倍なつみ
    『愛情イッポン』     →「YOUR SONG ~青春宣誓~」松浦亜弥
    『ナースマンがゆく』    →「自分のために」TOKIO
2005『ごくせん』           →「NO MORE CRY」D-51
    『瑠璃の島』         →「ここにしか咲かない花」コブクロ
      『女王の教室』       →「EXIT」EXILE

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »