« ドラマと音楽 その20 土曜日の模索 (2005.7.1  めるドラ110初出) | Main | ドラマと音楽 その22 二時間ドラマの転換期 (2005.7.22 めるドラ110初出) »

ドラマと音楽 その21 波の下の男たち (2005.7.22 めるドラ110初出)

十年位前のこと、スキューバダイビングのライセンスを取りに、伊豆の大島まで行
ったのですが、プールで挫折。海辺の露天風呂を満喫して帰ってきました。
素潜りやシュノーケリングの練習は何とか不器用ながらも出来たんですが、あのレ
ギュレーターを口にくわえるのがシンドかったのです。

海猿』ではレギュレーター外し有りバディと取りかえっこも有りで、思わず海の
中での息苦しさを感じてしまいました。急速な減圧(浮上)は耳や鼻から血が出た
りするんだもん、怖いです。それが透明度の低い東京湾なら、なおさら。
しかし、この迫真の映像・俳優達の力の入った(海の中は真剣でなければヤバイ)
演技はやはり特筆に値すると思います。カメラマンも力業だし、スウェットスーツ
って着るだけでも本当に消耗します。海上保安庁の仕事って潜水士だけではありま
せんが、これもお仕事ドラマのひとつかも。ドラマの後に新しい映画も公開されま
すし、それを意識したドラマですよね。

実は『海猿』の最初のドラマ化はNHKのBSハイビジョンで国文太一・永作博美
主演で2002年に制作され、翌03年にも『海猿2』が放送されています。
こちらの方は、主人公仙崎大輔の年上の恋人になる新聞記者の美晴が登場。
共同製作が大映テレビで演出が星田良子さんだったので、今回とは趣が違います。
NHKのはそれはそれで良かったと記憶してますが、CXのドラマは『救命病棟2
4時』の福田靖さんの脚本なので、緊迫感がすごく伝わります。
原作の漫画は私は未見なので、その差というのは判りませんが。

主題歌はB'zの「OCEAN」ですが、それよりも佐藤直紀さんの音楽が迫力ですね。
【佐藤さんの主な担当作品】
★映画
海猿』『ローレライ』『恋愛小説』『逆境ナイン』『ALWAYS 三丁目の夕日
★ドラマ
GOOD LUCK !!』『』『ウォーターボーイズ』『マンハッタン ラブストーリー
ファイヤーボーイズ~め組の大吾~』『オレンジデイズ』『H2 ~君といた日々』『海猿
その他多数のドラマやアニメやCM曲があるので、耳にされた方も多いはず。
所属事務所は株式会社フェイス音楽出版で、多くのアーティストがいます。

|

« ドラマと音楽 その20 土曜日の模索 (2005.7.1  めるドラ110初出) | Main | ドラマと音楽 その22 二時間ドラマの転換期 (2005.7.22 めるドラ110初出) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95587/5128073

Listed below are links to weblogs that reference ドラマと音楽 その21 波の下の男たち (2005.7.22 めるドラ110初出):

« ドラマと音楽 その20 土曜日の模索 (2005.7.1  めるドラ110初出) | Main | ドラマと音楽 その22 二時間ドラマの転換期 (2005.7.22 めるドラ110初出) »