« NHK夜ドラ アイ’ムホーム(遙かなる家路) (2005.1.28 めるドラ110初出) | Main | ドラマと音楽 その17 火曜日の挑戦 (2005.3.25 めるドラ110初出) »

ドラマと音楽 その16 生き残りましょう (2005.2.25 めるドラ110初出)

最近、ラジオのFM局でサラ・ヴォーンの「ラヴァーズ・コンチェルト」を、よく耳
にします。『不機嫌なジーン』の挿入歌ですが、女性ジャズボーカリスト御三家の一
人である‘ザ・シンガー’サラおばさんの1965年のヒット曲。バッハのメヌエッ
トを原曲としており、何だかドラマの雰囲気によく合ってる感じ。
しかし、このドラマ、以前テレ朝で放送された『恋は戦い!』の動物恋愛行動学の話
を何となく思い出します。ストーリーは全然違うんだけれども…。

さて、ケミストリーの明るい楽曲と、杉田かおるの存在に救われている感じの『87
%』ですが、いつの間にか『5年生存率』という言葉が抜けてしまったんですね。ま
るでドキュメンタリーかと見紛う程に現実に即しており、ドラマとして難しい題材に、
よくぞ取り組んだと思います。手術も終わったし、これからは夏川結衣演ずる患者と
本木雅弘演ずる医師の主役カップルの行方が気になるところです。ところで夏川結衣
といえば、私は『青い鳥』で初めて認識したのですが、水着のキャンペーンガールか
ら地道着実に女優としてステップアップしてきたんですね。ドラマデビューは『愛と
いう名のもとに』のようですが、次作がデビューとされてたりもします。

夏川結衣の主な出演作品と主題歌
『木曜日の食卓』   →「家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)」竹内まりや
『谷口六三商店』   →「ポケットが虹でいっぱい」Y・M・O 
『嘘でもいいから』    →「NEVER」伊勢 正三 
『ゆっくりおダイエット 』→「裸足の果実」大城 光恵
『家族A 』        →「青い夜」栗原 良次
『青い鳥』        →「Wanderin' Destiny」globe
『結婚前夜』      →「THE STONE」小谷美沙子
『恋愛詐欺師』     →音楽 本間勇輔
『ネット・バイオレンス~名も知らぬ人々からの暴力~ 』→音楽 オノセイゲン
『ある日、嵐のように』 →「サルヴァ・メ(SALVA ME)」リベラ
『あなたの隣に誰かいる』→「アラクレ」B'z
『菊亭八百善の人びと』→ 歌 ヤドランカ
『人間の証明』      →「A Place In The Sun」Kyogo Kawaguchi
『87% 』         →「キミがいる」CHEMISTRY

上記以外にも、『怪談 KWAIDANII「ろくろ首」「長良屋お園の怪」』・『人間ドキ
ュメント 夏目雅子物語 』の夏目雅子、『戦国武士の有給休暇 』・『加賀百万石』
・『寿司、食いねェ!』・『高村薫サスペンス』・『夏の約束』など、様々な作品
に出演。柔らかさ・強さ・ミステリアス、それから『義経』のような時代劇にも結
構出演していて、色々な引き出しのある女優さんに思えます。

ところで、私自身も乳癌を経験しているので、『87%』には人一倍の興味を持って
観ております。通院している大学病院の患者さん達も同じようで、再診してくれる医
師が「(ドラマについて)聞かれるけど見てないんですよね~」と。
そりゃ、お医者さんは見てるヒマが無いでしょう。私を手術したドクターチームは6
人いましたが、執刀してくれた女医さんは有名だったので、日本中から患者さんが集
まっており、夜11時過ぎまで退院前の面談を患者家族としていたり、研修医達は朝
の6時には病室の患者達を見回っていたり。ドラマのBBSでは、大きな総合病院で
手術しないのはおかしいと書かれている事も多いですが、大きな病院のスタッフは後
でバラケてしまう(他の病院に移ったり、執刀医と再診医が異なったり)事が多いの
で、ドラマの濃密な関係を作るのは難しいかと思います。
ドラマでは黒木医師の妻の死の理由がまだハッキリと証されてませんが、麻酔医が関
係していそうですよね。私の周りにも、同級生で麻酔から目覚めず亡くなった方がい
たり、元の上司が乳癌の温存で亡くなっていたり。私自身は左乳房を温存せず全摘し
てしまったので、抗ガン剤も放射線も該当せず、ホルモン療法のみ。リンパ節を切除
したので、腕はむくみ易いですが訓練とマッサージで目立ちません。
入院中に隣のベッドにいたKさんは、両胸全摘した健康保険さえ無い外国人のシング
ルマザーで、私は彼女の笑顔に随分助けられました。5年間の通院が必要不可欠とは
いえ、乳癌は癌のなかでは内臓よりは治り易い病気だそうです。様々な病気と闘って
いる方がおりますので、病気との向き合い方をドラマから一考出来れば良いのではな
いでしょうか。

『87%』の脚本協力者の中に知人の名を見つけたので、メールしたところ既に最終
回の初稿を迎えており、現在はアンカーである秦建日子さんが最終回を書いてる様子。
作品の今後は全く判りませんが、是非とも明るく終わって欲しいと個人的に願ってお
ります。

|

« NHK夜ドラ アイ’ムホーム(遙かなる家路) (2005.1.28 めるドラ110初出) | Main | ドラマと音楽 その17 火曜日の挑戦 (2005.3.25 めるドラ110初出) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95587/4077072

Listed below are links to weblogs that reference ドラマと音楽 その16 生き残りましょう (2005.2.25 めるドラ110初出):

» ドラマ[義経 (NHK大河ドラマ)] [ドラマストリート: ドラマ[義経 (NHK大河ドラマ)]]
ドラマ☆ストリート<義経 (NHK大河ドラマ)>義経 (NHK大河ドラマ)義経(よしつね)は、2005年(平成17年)現在、放送している日本放送協会|NHK大河ドラマである。2005年1月より1年間に渡っての放送予定である。44作目のNHK大河ドラマ。平安時代後期の武将で、鎌倉幕府... [Read More]

Tracked on May 13, 2005 at 05:13 AM

« NHK夜ドラ アイ’ムホーム(遙かなる家路) (2005.1.28 めるドラ110初出) | Main | ドラマと音楽 その17 火曜日の挑戦 (2005.3.25 めるドラ110初出) »