« ドラマと音楽 その4 踊っちゃう? (2003.10.17 めるドラ110初出) | Main | ドラマと音楽 その6 クリスマスシーズン  (2003.12.12  めるドラ110初出) »

ドラマと音楽 その5 挿入歌が気になる (2003.11.14  めるドラ110初出)

秋ドラマも視聴率の高低が激しいですね。ドラマの主役って医者・教師・弁護士
・刑事という職業が多いということが今期は如実に判ります。
『白い巨塔』は2クールも続くのですから、病院や医者の話って視聴者に訴えか
けるものが大きいと感じます。そして主題歌が「アメイジング・グレイス」。
“驚くべき神の恵み”という意味のこの曲は、アメリカの黒人霊歌にイギリス人
の牧師が詩をつけたそうですが、世界貿易センタービル崩壊の頃にアメリカでよ
く歌われていました。ニュース番組からメロディが流れてきたり。この曲を聞く
と神という存在を身近に感じてしまうかも。医療の現場は、生と死とついでに人
間の欲の修羅場であり、どんな人間にも最後には神の救いがあるということなの
でしょうか。主題歌だけでなくBGMとしても効果的に使われています。
(先日、都内某所に指圧に行ったら唐沢寿明さんが来ているという情報が。どう
やらかなりお疲れのようです。神のお恵みを!)

さて、『恋文』の挿入歌にビートルズの「イン・マイ・ライフ」が使われていま
した。歌詞をここには書けませんが、ドラマを象徴しているかのよう。懐かしい
ようなせつないような。人生の様々な場面で出会った人々の中で見つけた君との
愛を思うと他の思い出は色あせていく、というような内容ですが、で、人生の中
で将一は郷子と江津子のどっちの女を愛してるんだ? まあ、それを言葉にした
ら野暮なんですが。一言で言えないからドラマなんだもん。
主な挿入歌を担当しているのは、REMEDIOSというインストのユニットで
実体は麗美という女性。岩井俊二監督の作品に多く曲を提供しているようです。
http://www.tbs.co.jp/koibumi/song.htmlを聞いてみてくださいね。
ただし、ビートルズの曲は入っていません。

「勝手にしやがれ」最初、この曲を耳にした時驚きました。誰? 沢田研二じゃ
ないよね? B'zじゃん!と。『あなたの隣に誰かいる』の主題歌はB'zの
「アラクレ」ですが、挿入歌で TAK MATSUMOTO featuring 稲葉浩志の「勝手に
しやがれ」と TAK MATSUMOTO featuring ZARD の「異邦人」が使われていまし
た。これって、松本孝弘ソロプロジェクトによる邦楽カバーアルバム
「THE HIT PARADE」の中の収録曲なんですね。ホラーのぎくしゃくした画面に
妙にマッチしてるかもしれないと、最近思うようになりました。今後の話の展開
の中で、新たな収録曲が登場するのか興味津々です。

ところで、前回のめるドラコラムの読者の方からこんなメールを頂きました。
 >1975年にTBSで放送された「家庭の秘密」の主題歌が
 >「あの日にかえりたい」でした。
 >ユーミンとの出会いでした。

ドラマの主題歌や挿入歌から出会うアーティストもいます。それが自分にとって
一番お気に入りの歌手やバンドになることも。皆さんは秋のドラマでそんな曲に
出会えましたか?
実を言うと『ビギナー』の挿入歌(カーペンターズじゃないの)で、どうしても
曲名と歌手が思い出せず悶々。70年代のヒット曲(だったと思う)で女性ボー
カル。どなたかご存じの方いらっしゃいますか?

|

« ドラマと音楽 その4 踊っちゃう? (2003.10.17 めるドラ110初出) | Main | ドラマと音楽 その6 クリスマスシーズン  (2003.12.12  めるドラ110初出) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95587/3635514

Listed below are links to weblogs that reference ドラマと音楽 その5 挿入歌が気になる (2003.11.14  めるドラ110初出):

« ドラマと音楽 その4 踊っちゃう? (2003.10.17 めるドラ110初出) | Main | ドラマと音楽 その6 クリスマスシーズン  (2003.12.12  めるドラ110初出) »